AKB48現代アイドル読解学

AKBアイドル勢の輝きと彼女たちを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

指原莉乃、安倍首相と会食しちゃった!件

もうただただすごいの一言に尽きるでしょう…

こんなことってあるもんなんだね~

十代にして気色の悪いハロヲタであった大分県の田舎のネズミが、一国の首相と会食って!

アメリカンドリームかよっ!

って書こうとしたまさにその時、むしろ「シンデレラストーリー」の方が女子的アイドルとしてはしっくりくる表現だと気付かされました。

 

 

まだまだAKB48入門生の自分としては「指原の魅力」が分かりかねている部分も多く、今後の課題として「なんで指原なのだろう?」「何が指原にしたのだろう?」「指原の魅力っていったい…」「指原になってしまった理由」「彼女でなければならない理由」なんかを探っていく面白いテーマを抱えています。

指原莉乃は本物のシンデレラなのか?」

あるいは単に「サシハラ教の宗教でしかないのか?」

自分なりに答えを探る楽しみがあります。

 

ちなみに自分はDD(通称:「誰でも大好き」、最近知った。。。)であり、NN(何でもナイス!)であり、SS(すべてが素晴らしい)感覚なので、そんな見方、そんな捉え方で鑑賞しているので別段、指原嫌いとか、彼女に限らずだれだれ嫌い、アンチ○○、癇に障る的な思いは全く誰にも抱いていませんし、今後なるとかもまず皆無でしょう。

 

 

さてさて。

会食のニュースから来る恒例のヲタらの場外乱闘をざっと回ってみてきました。

とにかく指原というだけで各種サイトのコメントの伸び、多さは他のアイドルニュースを飛び抜けますので、いちいちすべてじっくり読んでいては多大なる時間の浪費となってしまいますので、ざっとでいいのです。

 

 

傾向と対策で言うところの「傾向」はもうどれもこれもほぼ同じなので、見るべきはどれも同じ中に埋もれている「芯」「真」を見抜き探すことです。

今回も例にもれず基本的には見慣れた光景「アンチVS指原ヲタら」で、この手のいい話題に対しては指原ヲタらが先制攻撃を仕掛けて

「アンチ悔しがってるwww

「さすが指原、アンチ顔真っ赤www

「アンチさん出ておいでwww

 

と挑発する序盤の展開がまずは好きです。

この一点(アイドルを推すこと)だけをみて感じることは

「あぁ…、彼らファン(ヲタ)というのは本当に純粋に、応援しているのだなぁ~…」

と。

 

 

話は脱線しますが例えば今年11月に卒業した島田晴香が、デビュー当時の握手会でファンが全然来てくれなくて、3人のファンたちが

「列を途切れさせないように3人でグルグル回って1時間くらい走り回って握手してくれた」

って話。

 

あるいは例えば大家志津香のデビューしたての不人気ぶりをネタ?にしようとバラエティ番組「週刊AKB」の中で「大家志津香の総選挙への道」なんてドキュメンタリー企画の中で、大家は恥辱にまみれて恥をさらして街中に出て、「お前誰やねん???」って世間の蔑む視線の中で一生懸命自分をアピールしている姿に心打たれたファンたちが、その後の彼女の握手会に盛大に参加して、総選挙の順位も大きく躍進したり

とか。

 

こーゆー「熱い話」は大好きで、こーゆー部分がアイドルファン、ヲタの醍醐味なんだろうな~と感じ入ることができます。

島田紳助もこーゆー熱い話は大好物でしたね。

単なる洗脳されて踊らされてるバカ者どもに対しては彼もまた気色の悪い弱者として見下げていましたけども、自分の意思を以って動く熱さ、情熱、熱量、熱血、島田紳助の大好物でした。

「ステキやん。。」

って、まさにそれ。

 

 

れで話を戻すと

島田晴香の例であれ、大家志津香であれ、不人気だった頃のメンバーに思い入れがあってひっそりと応援してきた熱いファン、ヲタというものは、彼女たちが多少なりとも目立って人気を得ることに「嫉妬をしないのか?」

人気出てきて調子に乗ったらそりゃ~反撃の目にも遭うでしょうけど、そーゆー極端なことではなくって

 

「か弱かった人気のない子を応援していた」

            

「それがそこそこ名を挙げて多くのヲタらに応援されている」ことに対する嫉妬。

 

 

あるいは

「人気が出ることが嬉しいに決まっているだろう!!」

となるのだろうか?

 

そこを考えると

指原のくだりでやたらとコメントが多くなる傾向は、つまりは指原を悪く言いたい彼らは「元指原大好き連中」とか「指原を応援していた連中」なのではないか?と思わせてくれるのです。

 

一生狭い世界に閉じ込めて「キミはずっとボクだけのものだよ、ウヒヒヒ」

なんて発想はまさに病的気色悪さそのものですから、やっぱりそこは、多くの人から支持されて、人気が出て嬉しいに決まってる!

っていうファンの心理・感覚で良いのかもしれない。

 

 

長い脱線となりましたが

少なくとも純粋なファンというものは、「指原(推し)が首相と会食するくらい、大物になった」ことに対して、嫉妬とかはなくって、純粋に、首相と会食して(売れて)嬉しいという気持ちに、素直になれるのだなぁ~

って。

 

 

 

そんなことは当たり前だろう!!

馬鹿かこいつは??

 

なんて思われるくだりですが、アイドルに対して思いが及ばないっていうだけであって、よくよく考えてみれば「ウッチャンの紅白総合司会決定」の時に喜び心躍っていた自分がいるじゃないか…

 

 

 

もともとが「ワイドナショー」に初出演したその時が、自分が指原莉乃という人物を初めてちゃんと見て、感じて知った瞬間でした。

AKBなんて単語はもちろん知っていたけど興味の欠片もなかったから(テレビもいくつかのお気に入りのみしか観ないから)、「指原」という名前、漢字は見たことあったけどじっくり見たことが無かったから平安古典好きな自分は「さしぬき、、、みたいな名前の人」って感覚でいた。

 

ついでに言うと「大分…というよりは九州の田舎者的な扱いをされている人」というイメージと相まって、しばらくすると

さしぬき、、、みたいな人 ⇒ 指宿、、、みたいな人

になっていた。。

そのくらいのレベルで興味なかったし知らなかった。

 

 

それでワイドナショーに出演してきて

「さしはら、さしはら」

松本人志が言うからよく見てみると「ああ、原か、なんだ。。。」

 

AKBINGOやネ申ら辺でしか見る機会はないけど、顔面の美的面だけで言えば「逆劣化」の珍しいタイプだな~と感じます。

あの日の指原はお世辞にも美人さんとは思えない「ガチャ歯」な子…

もはや彼女に対して「ブス」という攻めは通用しない綺麗なお姉さん?に様変わりしていてビックリ。

 

ワイドナショー出演のキレイ系指原が自分にとっては先だから、AKBINGOやネ申なんかのガチャ歯系指原を見ると

「これがか(笑)」

「これが如きがトップになるのか…」

っていつも思ってしまうのは良くないですね…

 

 

ちなみに、このくだりで劣化の対義語を使いたくて、あれれ???

で、ふと気付く…

「劣化」の対義語って何だろう?

 

調べてみると、劣化に対義語は無い!

 

上では「逆劣化」と書いてみたけど全然ダメ。

きっといつの日か偉大な作家がドンピシャな表現をたたき出してくれるでしょう。