AKB48現代アイドル読解学

AKBアイドル勢の輝きと彼女たちを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

村山彩希(ゆいりー)にみる劇場公演の重要性

 

小栗有以を「ゆいりー」だとかなり長らく思っていた…自分がいた。

 

 

AKBINGO!を一通り見終えた自分は次に、「ネ申テレビ」というバラエティ番組を一通り観ることにした。

当たり外れが散らばるけど概ね「ザ・アイドル・バラエティ」として楽しめる素晴らしい作りの番組だ。

 

自分はそうやってバラエティのみを観賞してAKBアイドル達の登場人物の名前と特徴と性格を捉えていく。

 

 

ネ申で思い出されるのが、ネ申史上最高傑作として名高いダンボールにチャオ! 激流を制する者はイタリアを制す!」という鬼神回がある。

そのあまりの完成度の高さと面白さから、ファン以外の一般視聴者が観てもオモロイ!と感じるはずだと非常に高評価を得ている。

 

チャレンジ系なのでウンナンファミリーが得意とする分野の昔懐かしの古き良きテレビバラエティらしさもあり、今風に言えば「イモトの登山」「お祭り男宮川」っぽさも欠片として感じられる。

そしてそれを(一応)カワイイ♡アイドル達が挑むという点で、汚れきった芸人勢のやるのとはまた違った面白味が溢れ出るというものだ。

 

 

企画の出来もさることながら、人選もまた素晴らしかった。

(一応)カワイイ6人のメンバーたちが出ているのだが、このうちの誰か一人でも欠けてはダメだったし、別のメンバーでもダメだった。

 

(一応)可愛い顔して、根性があってやる気があって、思考力があって読解力があって、なんにでも一生懸命な女の子だから観る者を感動させるエネルギーが生み出される。

 

中西智代梨西野未姫、伊豆田…さすがやね~この辺はもう安定した面白製造マッシーンと化してふんだんに面白味を提供してくれるし、「名古屋のメス猿」木崎ゆりあは(ほほぉ、なるほどこれはすごい…)と感動を与えてくれた人情味あふれる人間臭い女子だった。AKB48のチームBのリーダーに抜擢されたのもうなずける。

それからAKBINGO!で「下口ひな」と激闘演じた後藤萌咲も我が強くて自己主張してくるけど空気を壊さない根性のすわった強い女子で魅力的だ。

 

 

それでいっつも

 

このくだりでふと気づく…

 

えっと…あれ?

 

あと一人…だれだっけ???

 

 

 

話変わって12月に入っての各種サイトでの話題だ。

 

今年の劇場公演最多出演回数に「村山彩希」が1位を獲得した話題でにぎわっていた。

入門生の自分は(へぇ~、なるほどー。こんな活躍のパターンもあるのかぁ…AKBグループはオモロイなー)

なんて思って。

 

総選挙には一切出ないで、劇場公演をただひたすら頑張るアイドル。これはこれで素晴らしい。

しかも2年3年連続で1位を獲得している…

彼女の意思を以ってそうしているのであって大人たちから「お前はこういうキャラ設定で行け」と言われて嫌々やっているのではない点が非常に重要だ。

 

そう、AKBのアイドル達は「セルフプロデュース」で自分で自分を演出して魅せて色を出しキャラを創り世界観を描ける面白みが魅力としてある。

村山彩希のような劇場公演を頑張り総選挙に一切出ないという演出は、たったその記事しかみなかった自分ですら心打たれて彼女の後ろにある壮大な物語を勝手に想像して楽しんだ。

 

 

そこから少し経って

 

最多回数発表の直後くらいだっただろうか…

組閣があり新体制になったAKBグループ。

 

AKB48として、チーム4のキャプテンに選ばれたのが「村山彩希」その人だ!

ついさっき名前を目にしていたし、彼女のキャラもつかんでいる。

(ほほー、これはオモロイ。。。)

 

もうその記事のタイトルだけ見て目頭が熱くなるような、熱い何かを感じて思わず涙があふれてしまう。

 

ファンたち身内が勝手に蚊帳の外で「いいね!イイネ!」「村山彩希すごい!」って言ってるだけじゃなくって、世間一般として見た場合、知名度なんて欠片もない虫けら同然の雑魚キャラ「村山彩希」を、しかし劇場公演を頑張り日々努力する彼女をきちんと評価し信頼して、チーム4のキャプテンに抜擢すると、これこそが、AKBのアイドル成長物語で最も必要な「躍進(結果)」ではないだろうか。

 

組閣自体が大きな話題を提供するがしかし「村山彩希」のキャプテン抜擢も相当に各種サイトのコメンテイターたちを賑わせた。

自分はほんの短期間で村山彩希のさわりの部分をザッと知った程度のそんな自分ですら、(こりゃオモロイ!!!)って妙にテンション上がってしまったニュースだった。

 

 

 

「いやぁ~。こんなこともあるもんだな~」

 

なんて感動して、その日か翌日、久しぶりにネ申の最高傑作「段ボールで川下り」を観た…

 

 

すると…

 

 

 

 

お前がゆいりーかっ!?

 

 

6人目のメンバー…お前かえ、、

「劇場の守り人」って…絶対そーやん。。こいつやん。。めっちゃ守ってるやん、、、

 

述べたように村山彩希は劇場公演のみをただひたすら重視して頑張る異質なメンバーだから(握手会などは参加していて人気もある様子)、とにかくバラエティの出で、目立たない存在。出演自体も数少ない。

 

自分はアイドルオタクではないが「AKBINGO!ヲタ」と言われれば否定はできないほどほぼすべてを後追い鑑賞してそれなりにインプットした(つもりだったが)そのあまりにも目立ってない言動・存在感がゆえに

「こんなやつおったんかい。。。」

ってビックリ

顔も特徴無いし…って書いたら怒られる…

 

 

それでふと気づく…

 

 

 

コレがあれでアレがこれかぁっ!?

 

 

AKBINGO!の370回あたりで「ガチ恋レス゛ビアンカップル~」の企画で岡田奈々の相手として出ていた村山彩希だ!

 

魅せるためのネタや演出はふんだんであろうがしかし、「秋元Pさ~ん、観てますか~?変なルールのせいでえらいことになってますよ~、、、そろそろ恋愛解禁しちゃいましょ~!」なんて思わず猛んでしまったガチ恋感満載のあの企画に出ていたメンバー、それがゆいりーこと村山彩希だったのだ!

 

岡田奈々も真面目一筋でAKBのことを深く考えていることで有名だ。

どちらもサルの対極に位置するヒトという点で

(なるほど、類は類を呼ぶではないがこのペアはなるべくしてなったか…)

と合点のいくレズビカップルだったのだ。

 

 

 

書きたいことが混ぜ込まれた恒例のくちゃとなったが…しかしそれもまた良しだ!

※本来は、村山彩希の劇場公演の頑張り出世と、「総選挙に出てないブス」「選抜には来るな」と彼女を攻めるネット上のヲタらのご意見・ご感想とを交えて「AKBのアイドル・ファンにとって劇場公演とは何か?」を語りたかったのだが…それはまた別の機会にでも書くとしよう。

 

 

まとめると

  ・劇場公演を頑張る影の努力家で影的存在の村山彩希が、ちゃんと評価されてチーム4のキャプテンに抜擢されたという物語の一つの結末(彼女にとってはまだ途中に過ぎないが)に感動したこと。

  ・AKBグループはとてつもなくメンバーが多いから、後追いで観ていくと起り得る現象「あの日あの時のお前かよっ!?」現象が炸裂したメンバー。(もう一回、復習する形で彼女の存在を意識して観ていく面白さもあるだろう)

  ・こういった形ですら目に留まり、そしてまたその話題(劇場公演を頑張るストーリー)は、一生懸命頑張る人に対してはなんだって好感持てるものだから、今後も村山彩希について注目してしまうだろうという点。

 

 

そして何より重要なことは…

 

 

 

 

 

小栗有以は「ゆいゆい」です…