AKB48現代アイドル読解学

AKBアイドル勢の輝きと彼女たちを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

NMB48の次世代エースを探せ!!

 

NMB48の次世代エースは誰だろう?

 

ってそんな記事にひょんなことからたどり着いて眺めていたら面白い面白い!

いつもの汚物保管庫とは違ってまとめる人もちゃんとした意見やコメントのみを拾い集めてまとめ上げていて、その記事のコメンテイターたちもきちんとした発言、コメントで議論?していて読みごたえのあったサイトにたどり着いたのです。

 

自分もそういうちゃんとした議論・語り系が好きだからたまにはこういうちゃんとした文章・コメントみておかないと心が荒さんでしまいかねない…

 

 

NMB48は「関西圏」で活動している48グループの一つなんだけど、その記事のコメントで面白いのが

「だれだれちゃんがエース候補だよね」

「だれだれちゃんは歌もダンスも上手いしルックスもいいし」

「だれだれちゃんはルックスはいいけど歌とダンスが今一つでエースに慣れるか微妙」

 

とか、まぁどこにでも転がってるヲタらの身勝手な言い分なんだけどそれに加えて

「だれだれちゃんは歌とダンスがいいけど、トークがいまいちよくない」

「だれだれちゃんはルックスいいんだけどしゃべりがねぇ…」

とか逆に

トークはできるんだけどルックスが…」

「しゃべりは抜群なんだけど今一つパッとしない」

とか

 

トーク・しゃべり】に重きを置いてる点が大阪らしいなぁと、妙な感動をしたのでした。

 

 

AKBでもハロプロでも「エース」とか「エース候補」とかこの辺の気色の悪い議論は山ほどあるけど、「エースにまでしゃべりを求めてるら辺」が、大阪やなぁ~…って、感動した。

 

ハロプロから始めてAKBにたどり着き、鞘師だなんだ、小栗だなんだで「エース」とか「次期エース候補」とかヲタらのコメントは山とみて来たけど、そこで学んだのは「エースは歌とダンスとルックス!」の三拍子で、しゃべりなんてものは歌とダンスで活躍の場がないいろもの集団後列組の役割なんだって。

 

むしろエースとかエース候補は「変にしゃべって滑ったり寒くなったり失敗したり」するくらいならしゃべらないでバラエティ担当・トーク班に任せればいいと。(板野友美とかがいい例になるのかな?)

 

でもそんな自分の固定概念をぶち壊してくれた、ひょんなことからたどり着いた「NMB48の次世代エース」のまとめサイトでのヲタらの議論は「エースにすらしゃべり、トークを求めている」点が非常に興味深くて視野を広げてくれたのです。

 

 

 

これより前…

去年の年末から…

 

AKBINGO!」「週刊AKB」「ネ申テレビ」とAKBの有名どころを一通り鑑賞し終えて、まぁこんなものかとある程度理解した気でいた自分は、「須藤凛々花のエッチな動画をホテルで観てたらイヤホン外れてて後輩たちに音聞かれた」下りを結婚宣言当時の「関連動画」に混ざっていて一度観たことがあった。

 

これ、いったい何の番組なのだろう?

おぎやはぎが出ているからネ申テレビだとばかり思っていたけど違うようだ…

 

で探していたら「NMBとまなぶくん」になぜかたどり着いて(須藤のエッチな動画とは無関係)

 

そしたらまぁ、NMBとまなぶくんオモロイっ!

 

 

なんじゃこの面白さは…

 

さすが関西メンバー揃ってるだけのことはあって「面白く魅せよう」と自然体で出来ている。

 

これが大阪人の力なのか…

 

 

AKBINGO!は(台本、台本とヲタらは言うがそれは違って、各人のコメントやアドリブは台本によらず個人によるもの)バラエティ担当と自負しているメンツは頑張ってしゃべるけどそうでない連中は適当(というと言葉は悪いが意欲がなくて雑な受け答え)ばかりで見どころとして残念に思うことも多々あったが、さすがはNMB、女子と言えどAKBINGO!と比較してみんな誰もがものすごくよくできていて自然でなおかつ面白い!

 

ホントに、10秒あるかないかの1つ2つのコメントに過ぎないんだけど「面白く魅せよう」とする姿勢が、自然体で(ここ大事)出来ているのに感動してしまった。

しかも無理してキャラを作ってないで素なんだけど、素のままのオリジナリティが出ていて各メンバーすべてに色がある。

 

 

ハロプロから見てきているから、ハロプロの子たちはやたらと「お笑い」とか「オモシロ」を強調して、「やってる感(悪く言えばお笑いの雑な真似事)」を押し出して協調してくる傾向が強くて、自分みたいにDD(誰でも大好き)で、NN(何でもナイス!)で、SS(すべてが素晴らしい)なら「いいねいいね!そんなのも面白いよ!」って気楽に観るんだけど、サルとか駄馬とか馬鹿とか阿保も大勢いるのが世の中の常だからそんな連中からすると

「アイドルのくせにお笑い語ってんじゃねーよ」

とか

「アイドルの如きがつまんねーんだよ」

とかそーゆー批判の対象にもなってしまうのが総じてアイドルの宿命。

 

ところが(少なくとも自分が観たNMBとまなぶくん内では)アイドル女子たちが引き芸ばっちりこなしてオモシロを放り込んで上手くやってる。

これが初見なのでは…ってくらい衝撃的でした。

 

 

それでまたメンバーみんな誰もが頬や口元にホクロがあってオンナの色気が凄まじい…

色気振りまきすぎやろ…アイドルちゃうやん…

ってくらい、AKB48勢とは違った面々に衝撃を受けてしまった。

 

NMB48なんて見る機会無いしビンゴに出てくるのはSKEとかHKTが多かったからほとんど初見、名前だけ目にしたことあるな~程度のNMB48メンバー。

 

 

こんなオモロイ子も初めて知ったよ…

 

 

 

ハロプロスタートの自分からするともはやこんなものは「生田」にしか見えない。。

ただひたすらに幾多の憎たの生田でしかない。

まさか魔法で「うどんにな~れっ♬」なんてやらないだろう…

 

めちゃめちゃ面白いし人として魅力的だしアイドルらしく映えていて、こういうのってアイドルの特権で個人的には好感持てるのだが…

総選挙6、7回出てて、すべて圏外って…

 

ホントにAKBヲタら(あるいは現代のアイドルオタクら)の傾向・趣味・趣向がよ~~~くわかる

市川レモン然り、(ハロプロ)生田然り、この手のキャラ系女子は、いもろんアイドルになるしか術がないのか…