AKB48現代アイドル読解学

AKBアイドル勢の輝きと彼女たちを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

須藤凛々花 旅ずきんちゃんクリスマス温泉スペシャル! 女体をさらけ出して視聴者をくぎ付けにする♡

須藤凛々花のまとめサイトにしようか検討中だ…

 

 

りりぽんにドハマりしてしまった…

 

寝ても覚めてもりりぽんのことばかり…

 

 

りりぽんのことばかり考えてしまう…

 

 

 

 

嗚呼、、、、りりぽん。。。

 

 

 

 

 

先頭の画像がサムネイルの画像となるため、ふざけられない。。。

 

 

 

いや~だからあれだ

 

年末に須藤凛々花の番組出演ラッシュで「まとめサイトの管理人」が「知的弱者のコメンテイターたち」を煽って煽って「さすがりりぽん!人気者~!」ってどーでもいいようなちょっとしたことでも記事にあげていた。

 

その中で「サンタコスで露天風呂に浸かってる」ような画像があって「こんな番組にも出るんだよー」ってコメンテイターたちを挑発して閲覧数とコメント数を稼いでいた、それを今さらふと思い出した。

 

 

あれ…、で結局あのサンタの露天風呂はオンエアされたの…?

 

 

そう

 

最近、AKB界隈のニュースが多彩にあるから「どーでもいいようなちょっとしたこと」がなかなか出てこなくなってきているので、さすがのりりぽんネタも最近めっきり見なくなった。

 

NMBまとめですらもはや須藤凛々花を扱わない。

この番組の須藤を扱っていたのは「芸能ネタ系」「エロ画像系」しかなかった。。

 

 

 

まとめの分際で役に立たねーな…

 

なんて思いながら試行錯誤しながらその番組を見つけ出した。

「旅ずきんちゃんクリスマス温泉スペシャル」

 

 

 

 

ヲタらを煽ってコメント数を稼ぐには十分すぎる内容だ…

 

なぜまとめないのだ…

 

完成度が高すぎて「もはや笑えない、ふざけられないレベル」に達してしまい刺激が強すぎて超絶嫉妬を掻き立てるだけだからか…?

 

言えば言うほどヲタらがみじめになるのが痛いほど理解できるからか…?

 

 

それはさておき今までと大きく違ってMCが女性芸人という点が面白い。

 

女性という生き物は妬み嫉みにまみれていて腹の内は分かったもんじゃないけれど、仕事としてはしっかりおしとやかな女性を演じてこなすのだから、須藤凛々花との絡みは斬新に見える。

 

もちろん過去には「矢口真里」と須藤凛々花の能力を世間に知らしめたアメーバTVでの絡みもあったが、矢口は芸人ではない。

 

 

基本的には「質問」と「合間に入れる軽い書き込み」程度で何ということもない喋りではあったが、湯船に浸かってのトークだからダラダラダラダラくっちゃべるワケにもいかない焦りが面白い。

後ろにいる女子たちもリアクションしなくちゃならないしで、あれはあれで大変そう。

 

それで結局、須藤凛々花はかなり長い尺を取ってオンエアされた模様。

 

出番終わった後もやたらと映り込めるナイスポジションにいた

顔がいいからワイプでもやたらと抜かれて映るタイプだ。

彼女の活躍に嫉妬するヲタらは観てはいられないだろう?

 

 

それとー

今までにないパターンを観れた気がして貴重な1シーンを咲かせてくれたので書き留める

 

 

 

 

須藤凛々花渾身のラップ。

韻を踏んでディスりも入った傑作だ!

 

それよりもなによりも、須藤凛々花の人間味を垣間見ることができる。

 

(おそらく)初対面の友近と大久保姐さんだから、2人は須藤に対して「初対面の壁」を作っている。

仕事であれプライベートであれ何であれ、こういう壁はじょじょにじょじょに打ち解けていくことで削り取られてなくなっていくものだ。

 

ところが、須藤凛々花はノーガード状態である。

 

彼女の過去の番組を観ていても思ったことだが、彼女は「誰でもウエルカム」な壁のないノーガード戦法であると気付かされる。

 

彼女のしゃべりや視線、発想からそう思わせられる。

 

 

しかし所詮はそんなものこっちの勝手な思い込みである可能性が高い。

高いというより、まさにヲタらがよくやる「思い込み」を自分もしてしまっているではないか…

 

 

と、思うだろう?

 

 

「見る目のある」自分だから絶対的な確証があった。

あとは証拠が欲しい、ただそれだけだ。

 

で、何が言いたいかというと、上の画像のラップで、(おそらく)初対面のしかも芸能界の大先輩でもある友近と大久保姐さんに「エロババァ」と繰り出した。

 

ことによって、「初対面の壁」を打ち崩して打ち解けるきっかけを作ったのだ。

 

須藤凛々花の持つ純粋性と賢さを2人は容易に感じ取ることだろう。

 

あぁ、この子こんな子やねんな…

エエ子やんな…

 

と。

 

(さすがにイマドキはいないだろうが)アイドルだから高飛車とかわがままだとか、そうではなくって「とっつきやすくてコイツ、なかなかエエやっちゃな」って、なる要素。

※須藤凛々花のラジオ番組で共演している漢ら(ラッパーのオッサンども)も、りりぽんの人間味に魅かれて味方でいてくれる。

 

人間性

 

今までは男芸人との絡みが多くて須藤凛々花の人間性の真価を発揮する機会はなかったが、実は矢口真里のところでも見て取れるのだが、湯船に浸かってくっちゃべるこの番組でもそれが炸裂したというワケだ。

 

 

 

吉本芸人含めて多くの芸人MC勢は「笑い」というものしか引き出さない。引き出せない。

 

ダウンタウンデラックスであれさんま御殿であれなんであれ、「目先の笑い」が強調されてしまい「その人、人となり」というものが見えてこないことが多々ある。

しゃべりで笑かしにいける芸人らはそれで何ら問題ないが、それができないアイドル、俳優、タレントたちにとってはできなくて当然でただそれでしかない。

 

 

 

過去に何度か書いてきたが

「アイドルはウンナン、あるいはウンナンファミリーのタレントたちと絡むべき」

だと。

 

それはなぜかと尋ねられれば「人間性を引き出して、所謂『お笑い』による面白味じゃなくって人間性・人間味による『趣(おもむき)のある面白味、見どころ』を引き出してくれる」からだ。

ウリナリ1つとって見ても、芸人でも何でもない千秋、ビビアンケディ、小池栄子山川恵里佳ジニハンその他多くの女性タレントたちが抜群に面白く映った

逆にダウンタウンで言えばYOUがいるが彼女は…

 

かつてあったダウンタウンがMCを務めるヘイヘイヘイという歌番組でも、あれはあれで面白かったが面白かったのはあくまで松本人志の笑いやアーティストの繰り出す目先の笑いであって、むしろ「人間味を引き出していたのは『うたばん』」だった。

 

モーニング娘。が「ヘイヘイヘイ」ではなくて「うたばん」によって爆発的な人気を得たのも、そういう理由が隠されている。

 

 

これは本当に極論なので書こうか迷うところだが、NHK紅白にダウンタウン(吉本芸人)は似つかわしくない。

やはりそこは(ウンナン内村光良になる。

 

 

 

もともとこの人間味を引き出す業ができる天才・島田紳助の独壇場であったが、彼は引退してしまった…

 

こういった須藤凛々花のような喋りができて賢い「アイドル」を観る度に、「もしも島田紳助が今も芸能界にいてくれたら…」と常々思う。

 

あれがなくて今もなお君臨していると仮定してもさすがにヘキサゴンは終わっているだろうがしかし、「深い~話」とか「行列」なんかにゲスト出演した須藤凛々花と対峙した紳助は、彼女の賢さと魅力に気付いて何を思うだろう…

 

そもそも紳助自身が

「ファン?お前らが勝手に寄り付いてきただけやろう知るかボケェ!あっち行けぇぇぇ!!」

 

って言っちゃうタイプだから

風雲児須藤凛々花という魅力的なコマを、彼は一体どう回しただろうか…