AKB48現代アイドル読解学

AKBアイドル勢の輝きと彼女たちを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

中井りか showroomの件を反省す

反省するのは

 

そお

 

わたすです。。

 

 

中井りかのソロコンサートについて書こう書こうと思いながらも書き出したら超絶長文なる気しかしなくてすぐにサクっと書けるこんなネタを書いて誤魔化している自分がいる…

 

ただ、過去に書いたことの反省や新たな気付きにも言及していきますよという態度の示しとして、これを書くことに意義はありそうだ。

 

 

 

お正月に話題になっていました、中井りかshowroomでのアンチへの暴言について。

 

そもそもが、自分は中井りかについて何も知らないくせして見切り発車も甚だしい丸腰状態で語ってしまったのがまずかった…

 

あれから中井りかに興味を魅かれて中井りかに対するアンテナを張り、AKBINGO!と、そして何よりも「NGT48のにいがったフレンド!」を観賞することで、おおむね80%近く中井りかに関する考察が完了しました。

 

 

別段何があるってわけでもない、ハロプロで言うところの「田中れいな系」「久住小春系」でした。

 

いい意味で、彼女はオリジナリティを持つパワフルで快活な女子でした。

 

「グイグイグイグイ前に出る」

って、自分で言っちゃってるし、メンバーたちにも言われてるし、にいがったフレンドのMC的進行芸人ロッチらにも「そこ」をいじられていました。

 

要は単にそーゆー女子でした。

 

 

 

つまり、ファンの人やヲタらも、そーゆー子であると理解しているし、その魅力に惹かれているのは間違いない。

 

 

みんながみんな、樋渡結依のような妹系女子が好きなわけではない。

みんな誰もが横山由依に好感持てるわけでもない。

逆にみんながみんな、田中れいなのようなヤンキーチックな女子を、嫌いになるわけでもない。

 

十人十色で人には個性があって、ってそんなものは当たり前のことで偉そうに語るようなことでもない。

 

ファンやらヲタらは中井りかのこの感じ、魅力、世界観を受け入れて、応援できているのだと、よ~く身に染みて理解することができた。

 

 

話は脱線するが例えば「モーニング娘。」では、田中れいな久住小春のような自己主張が強いグイグイグイグイ前に出る積極的な攻めを繰り出すメンバーは、チームの環を乱すとして、メンバーやヲタらから毛嫌いされてしまう傾向が強い。

 

現にやはり、田中れいなや、特に久住小春に関してはハロヲタの多くが良く思っていなかったのが、後追いで断片を観賞するだけでも容易に見て取れる。

当時の現役メンバーたちも、久住小春のコントロールに手を焼いていた。

 

やはりハロプロモーニング娘。というものは、チームであり、チームプレイであるため、チームの環を乱すメンバーに対しては風当たりが強くなってしまう。

 

久住小春がゲスト出演し「出禁」となってしまった「さんまのヤンタン土曜日」で、明石家さんま

「こーゆー子はソロ活動で映える」

「モデルとかの子らは我が強くて、強いメンタルを持っているからこそできる」

「久住もそっち方面で活動していくんやろ?合ってると思うで」

 

って。

久住のその魅力、メンタルの強さ、積極性、自己主張できる姿勢、さらには礼儀もきちんとしており、賢くて、欧米人的思考や態度は低迷していたモーニング娘。のニューパワーであったはずなのだが…

 

チームプレイを欲するグループでありメンバーたちであり、ファンやヲタらも保守的で典型的な「ザ・日本人」であったため、久住小春が活かされることは無く、早々に卒業に追いやられてしまったのは残念でならない。

 

実際、低迷期のモーニング娘。なんて世間はまるで知らないしメンバーの顔も名前も欠片も知らない。

ところが久住小春だけが、アニメの活動を通して「子供から大人まで」広く知られる人気を得ていたメンバーだった。

 

 

日本人で、こーゆー部分が残念に思えてしまうことが稀にある。

欧米人みたいに、我が強くて、自己主張してくる、チームの環を乱すタイプを、毛嫌いする傾向。

 

傍から見てれば感じられないかもしれないが、じゃあ実際自分の学校や友達や部活やなんや会社やなんやに、こーゆータイプが身近にいて、はたして自分は平気でいられるか?

 

という問題ではない。

 

彼女たちアイドルというものは、芸能界であり、タレント、アーティスト、才能がひしめき合う魅力に満ちた世界を生きている。

なんでも傍若無人にやりゃあいいってもんでもないが、久住のタレント性は、当時のメンバーたちにはない最強の武器であった。

しかし現実は、彼女のそれらを活かすどころか使うどころか、非難し否定して責め、ピチピチ若々しいはずなのに、一瞬にして錆びらせ腐らせてしまったのは、やはり「日本人の悪い部分が出たな~」と感じずにはいられない。

※スノボー男子のオリンピック選手だか何だかで、めちゃくちゃ態度の悪い生意気な選手がいたが、日本人はそれを責める。スノボーの技術や戦績、成績、彼の天才的な実力を、見て見ぬふりして、そこを責める。

良くも悪くもそれが日本人を日本人たらしめるゲノム感であり、「礼儀作法 >>>> 実力、才能」になる足枷となっている現実が根強くある。多少下手くそでも、才能がなくても、性格が良い子が称賛される。

 

 

 

久住小春はゲスト初出演したヤンタン土曜日で

モーニング娘。はステップアップに過ぎない」

 

モー娘。は踏み台発言」によって出禁になったとかなってないとかで、モー娘。ヲタらは怒らせ、当時のネット上を大いに盛り上げた。

もし久住小春がAKBだったら、握手対応がそのまま結果になる総選挙の順位的には難しいだろうが、神7ばりにタレント性を発揮して、様々なジャンルで活躍できる逸材と成れただろう。

 

 

ここまで話が脱線する駄文も珍しいだろう?

 

話を中井りかに戻せば、自分がハロプロよりもAKBグループに魅かれ面白いと感じた点に

「AKBって、グループとかチームなのに、実は超個人戦

 

ハロプロ(チームプレイ重視)からスタートして、田中れいな久住小春のようなキャラクターが活き辛いところを嫌と見てきたもどかしさを感じていた自分としては、中井りかのキャラクターがきちんと受け入れられて評価されて人気を得ていることに、嬉しくなってしまう。

 

非常に間抜けな表現ではあるが自分は、AKBは(人種のるつぼと言われる)アメリカのようだと感じている。

色々な世界観や頭(個性)を持った女子たちが集い、個人戦で戦い主張していく中で、グループというものが自然と形成されていく。

 

自分の個性や主張を引いてまでして、他に合わせようとするのではなく、自分というそのままの素材をボンっ!っと提供して魅せていけるグループに、魅力を感じる。

もちろん、協調性皆無であってはならないが…

 

 

「にいがったフレンド!」で、中井りかの地元・富山に帰郷編で、「中井りか?知らねー知らねー知らねー誰????」「NGT???なにそれ知らねーwwwww」の連続で、心折れて落ち込む一面を魅せてくれた。

彼女たちにとっては辛い出来事であっただろうが、自分にとっては中井りかの綺麗な一面が観れて良かったと思った。

 

蚊帳の外のヲタらや、傍観者丸出しの自分には理解できない感じることのできない多大なプレッシャーと、彼女たちは日々戦っているのだと。

 

そしてあのshowroomでのアンチへの言葉は、ある種の防衛であり、彼女の個性がふんだんに溢れている彼女らしい攻撃方法だったのだと、気付かされる。

 

ファンたちもあたたかいし理解力があるのだから、少なくともアンチへ対する暴言なのだから、ファンたちもいいぞいいぞ、姫、良く言った!なんて盛り上がれるのも自然な流れだ。

 

 

総選挙の「傾向と対策」でいえば、中井りかが、何か極端に悪いことをしない限りは大きく後退することはないだろう。

20位前後を維持するか、トップへのぼりつめていくのか、その2パターンのみだ。

 

こーゆータイプが(AKB総選挙で)トップ付近になることって、たぶんないんじゃないかな?

と思うので、個人的にはぜひ今年の総選挙でさらに順位を上げてAKBの革命児となって欲しいと思うし、変に順位落としたら、今となっては妙に愛着のあるメンバーとなってしまったため、それはそれで自分は凹むこと間違いない。