AKB48現代アイドル読解学

AKBアイドル勢の輝きと彼女たちを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

NGT48が今、熱い!!

・かとみなvs中井りか

  ↪ヲタらの攻防

・荻野由香の選挙

  ↪石油オチ防止策

・リクアワについて

中井りかの魅力と今後の人気

・その他のメンバーの魅力と

・次期キャプテン?

加藤美南について

  握手の意義と絡めて

    ↪総選挙の結果だけで決めてはいけない理由

・太鼓に隠されたメッセージについて

・ngt躍進の秘密

  ↪逸材まみれの宝石箱や~。。

 

 

 

 

もうだめだ…

ついにやってもうた。。。

 

 

あれもこれもに手を出して

挙句に見つけて魅かれてしまった惨敗のぶた野郎。。

 

 

そうです。それはわたすです。。

 

 

カントリーガールズ以来、アイドルのライブ映像観漁った

 

ビックリしたね~…

今まで神7だろうがなんだろうが、AKBグループ勢の歌やなんやに興味が湧かなくて見ることを避けてきた理由は山とあるけど大きな理由の一つに「恥辱の口パク」問題。

 

その恥辱の口パクを凌駕して超越してパフォーマンスできてるAKBの子は初めてだよ。。

 

 

 

西野未姫とはまた別なんだよね…

 

つまり、「輝き半端ねぇ”」

 

って…

 

もう一人だけ圧倒的別格存在…

 

いい意味ではハロプロ的アイドル。


入る場所間違ったんじゃない?っていう…


あっちはお嬢様路線歓迎してるよ?っていう。


モーニング娘。を再々浮上させるためにはこーゆー天才的な子が必要になるだろう。

 

 

「それはお前の好みの問題だろう」

 

 

では残念ながら無いんだよね…

 

残念。。

 

 

自分はアイドルにカッコよさを求めている。

コイツカッコいいな~って。

女子のくせしてスゲーなぁぁって。

 

でもそれは「見た目ではない」

内面から溢れ出る目には見えないものだったり、バックボーンから感じられる物語だったり、キャラだったり、戦ってるな~っていう熱いモノとか

 

気持ちの悪い言い方をすれば「一目置く」が似つかわしいだろう。

たとえば道重さゆみの最後の最後までやり切る精神と、やり切ったことで魅せた「彼女の歴史」

市川美織の、華奢でガリ子でお前みたいなもんが…って、休まず挫けず最後までやり切って卒業していく「軌跡みたいなもの」

とか。

 

上から目線で「あぁ~カワイイカワイイ」

ではないんだよね。

(もちろん多くのオタらはそうであろう)

「コイツスゲェーなぁ…」

って。

「やられた」

って。

「(男女とか関係なしに)負けた。、。。素直にコイツ、カッコいいな…」

って、尊敬の念を思わず抱いてしまうような

「自分ももっともっと人間力を高めてぇぇぇ」

って

「こんなんに負けてらんねーぞ」

って、高鳴る気持ちが生まれてくるような…

 

 

それでアイドルのパフォーマンスという点で心魅かれたのはたぶん生れてはじめてではないだろうか…

アイドルは歌って踊ってキラキラ輝いて…

なんて腐るほど気色の悪いネット民の馬鹿どものコメントで見てきたけど、そんなアイドルを一度たりともみることはなかった気がする

 

流行り?の言葉で言えば忖度気味に「そーゆーテイ」で観ることはできていたよ!

「最近のアイドルは下手くそ下手くそ」と外野から言われているものの、自分はそんな馬鹿どものガヤとは関係なくきちんと彼女たちの瞬間的な輝きや魅力をちゃんと感じれる。

ももち卒業ライブもニコ生のきったねぇ画面で全部観て号泣できてる。

 

 

 

ねえ…

 

かとみな、めちゃめちゃオモロイ!

 

なんやねんコイツ…腹立つ…AKBグループ史上飛び抜けてずば抜けて凄まじい威力だ。。

 

「歌が下手」もキャラ作ってんじゃないの?ってくらい、最高に似つかわしい。

 

「歌が下手」が傑作的に正解になるって、天才だよ…

 

 

 

自分はかとみなをカントリーガールズの田舎者の人気者「森戸知沙希」だと思っていたけれど、森戸知沙希の上位版の進化版の改良型の覚醒状態の試作機の失敗作の…あとなんかある?

 

 

クロバットを取り入れたそれもいいんだけどそれよりもなによりも、周りのメンバーが霞みまくる一人だけ馬鹿みたいに輝いて目立ってるセンターパフォーマンスは、本当に鳥肌になって涙があふれてきた。

 

自分は「真にエエモン」みると涙が溢れだすタイプ。

久々に来たね…

アイドル部門で言えばももちのあれ以来だ

 

 

 

それでさー

 

もーホントめんどくさいのが

 

 

 

なんやねんコイツ…なんで盛れてないんだよ?

 

普通、盛るだろう…盛れよ

 

アイドルなのに盛らないでど~すんだよ…ハロプロじゃねーんだから。。。

 

盛るの対義語は何だよ?

 

掘るか?

 

掘ってんのか?

 

減ってど~すんだよ、盛れよ、盛って上げろよ

 

 

ビックリしたよ

 

その画像の、全然あてになりゃしない。。

 

実際はもっと、もっと素晴らしい美的一面を持っている

 

 

 

ホント、面白い

 

何が面白いって、もともと自分はAKB48一本で、他の所謂姉妹グループには興味はなかった

 

あっても、バラエティ重視だから。

 

 

今年の新年早々に、「中井りかのshowroom」

 

これが無かったら、間違いなく、NGT48なんて今まで通り「誰やこれ?」「誰やねん?」「コイツ誰やねん?」でしかなかった。

 

中井りかに興味を持って、にいがったフレンドへ行って、かとみなにたどり着いて

 

それでたどり着いたNGT48はいろいろな話題(起爆剤)を抱えていて、それがまた面白い。

 

 

 

だからその~中井りかに話を戻せば

 

NGT48がデビュー前の段階の、かとみなセンター期で、すでに、いくつかのサイトでは「かとみなvs中井りか」の議論があって、今、未来人の感覚でそれを見ると興味深いコメントがたくさんあることに気付けるのだが、結果論から言ってしまえば、かとみなはセンターから転落して中井りかがセンターに君臨した。

 

 

 

 

ホント、面白いよねー

 

純白が似合う加藤美南と、ダークな面持つ中井りか

 

狙った対比だとでもいうのか…?

 

 

だからあのー、カントリーガールズの移籍兼任も、実際は、大人たち制作陣の都合でただただあんなことになっただけなんだけど

 

どうしたって犠牲になった彼女たちからは物語が想起させられて勝手にストーリーが作られてしまうものだ。

「事務所の台本通り」

なんて簡単に言うけど、実際は違うと分かっているんだけど、悔しいけど結果論として、物語が勝手に紡ぎ出されてしまう。紡ぎ出てこずにはいられない、が真に正しい表現だろう。

 

 

 

本当にかとみなのアイドルパフォーマンスは素晴らしい。

それはもう間違いない。

中井りかが台頭する前段階では、各種サイトでも「かとみな強えぇぇぇ!!」でにぎわっていたのだから。

自分が感嘆してしまうほどだから、アイドルヲタらは余裕でやられるはずだろう。

ましてや現場で直接観ている連中らはなおさらだ。

「AKBは所詮は握手」

は正解なんだけど、この子だけは別格だ。

全ての日本や世界の女子アイドルを網羅しているわけではもちろんないから「この程度はいくらでもいる」と言われればそれまでだが、少なくともヲタらが気を使って「モー娘。のパフォーマンスはすごい!」って言ってるなんかよりも「握手人気一択のAKB」の誰よりも、「すぐ神と一体になって失神しちゃう」気絶芸よりも、ただ一人ずば抜けて、圧倒的な輝きを魅せてる子、それが加藤美南

 

 

それを蹴落として、センターに君臨した中井りか

 

述べたように大人の都合でとっかえひっかえやってるだけの結果論でしかないんだけど、物語が勝手に作られちゃって、面白くにしか見えなくなっちゃうよね。

 

ホントに面白い…

 

そんなかとみなが、後列で頑張ってる姿がまた絵になってたり、それをカットインして割り込んでくる中井りかの小悪魔チックな笑顔とか。

 

 

すごいねAKB…

 

これを狙って演出している仕掛けだとしたら、もう自分はヲタ化していいよ、完敗だよこんなもの。

 

はじめて、バラエティじゃなくて「アイドル歌手」というものに魅かれたよ

 

 

この二人の戦いを楽しみたいと思いました。

めっちゃ長くなった。。。最初のメモで終わりのはずがアホ丸出し。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。