AKB48現代アイドル読解学

AKBアイドル勢の輝きと彼女たちを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

【AKB48チームB】あの日の峯岸みなみはどこ行った…

ここ最近、AKBグループとして面白いネタがまるで無いようだ…

 

各種サイトも普通の情報を放り込むだけでイマイチ盛り上がりに欠けている。

結局AKBヲタら勢ってゴシップ慣れしてしまっていてそこでしか遊べない傾向がいよいよ顕著になってきた。

 

こーゆー時AKB勢って頭弱いな~って思わせられる。

その点ハロプロヲタら勢なんかはハナからネタなんてないもんだから、しょ~もない取るに足らないいちびり感満載の超極細の小ネタを、見方を変えたりとんでもない角度からのぞいてみたりして無理やり大きなネタに昇華してバシャバシャ遊ぶスタイルが身についている。

 

嘘情報、というワケではないけど一歩間違えればそうなってしまう…?

 

1+1=

 

1じゃなくって田んぼの「」になるよね!

って思考の遊び方だ。

 

それで稀に

「は?1+1=は1に決まってんじゃんwww何言ってんのコイツらくさくさくさー!」

って、ガチの正解吐く雑魚が湧いて出てくるところまで込みで楽しめる世界観を独自に作って遊べている。

さすがは伊達にハゲてはいない。 

 

 

そんなAKB勢ネタ不足日和につき、最近は自分もNGTについて書くことが多くなりハロプロネタが自然と多くなり。。

 

入門生らしくそろそろAKB48について何か書きたいな~と思い込んでいると

 

(そ~いえば峯岸みなみはどうしているのだろう…)

 

 

って、思うと、バチィィィ!!

 

って、出てくるんだよね~。

アイドルやなんやに限らず自分は

 

「そういえばアレって…どうした?どうなった?」

 

って思うと、自然と出会ったり、見たり聞いたりする、向こうの方から姿を現して出て来てくれる。

 

 

ダウンタウンなうなんて数か月に一度のまとめ観で飛ばし飛ばしざっと眺める程度なんだけど、「峯岸みなみ、何してるんだろう…」のまさにその日、ダウンタウンなうを観てみたら…

 

 

 

 

 

出とるやないかぃぃっ!!

 

 

しかもゲストじゃなくてアシスタントでかいぃぃぃっっ。。

 

 

ホント、こーゆーところあるよね~

 

このブログ始めて「峯岸みなみ」について考えたことなんて今まで一度も無かったし、「選抜から外れた!」ってニュースの時も全く気にも留めなくて。

たまたまなんとな~く「なにしてるんだろ?」って、思いを馳せたその日に、出るかねしかし。。

 

 

 

  峯岸みなみ

 

  AKB48の一期生、初期メンバーで唯一の生き残り。選抜常連者で頼れる姐さん

  自称「バラエティ担当班班長」であり知女

 

 

自分は峯岸みなみの初見がまさに「めちゃイケの期末テスト2013」だったので、あの炸裂させた1シーンがものすごい印象に残って

「オモロイやっちゃな~」

って、好感持ったメンバーでした。

 

ダンスの間といいタイミングといい抜群のセンスだったし、踊り始めの紙がぱぁんって飛ぶのも見事だった。周囲の爆笑音すらリズムと化し心地良いBGMとして味方につけて最高のパフォーマンスを魅せた!

 

この場面は10回20回繰り返して観ても笑える傑作場面である。

 

 

 

 

それでこの後、AKBINGO!で峯岸みなみをじっくり見ることとなり、なるほどなるほど、こーゆー感じね、と。

 

「バラエティ班」とか「バラエティ担当」という言葉はおそらく、峯岸みなみによる発明、あるいは広めたのが峯岸みなみであろう。

アイドルグループという特殊な世界がゆえに、「○○担当」という役割、自らが目立てる場を見出して、そこ担当で~す、と。

 

AKBヲタらの中では、一応峯岸みなみはバラエティ担当として期待されていて、「世間一般でも知ってるAKBメンバーのうちの一人」という認識を彼女にしている。

 

 

しかしどうだろう?

 

世間一般で、峯岸みなみを、知ってはいるけど

「あぁ、あの子ね」

と。

「あの動画の子ね」

って、それで知っているだけであって、少なくとも彼女のテレビ出演を観て「この子は面白い!」「バラエティ的だね!」って、思う世間一般人はほぼ皆無であろう。

 

 

それはなぜかと言われると、彼女がやるバラエティ担当という役割を、簡単に説明するのであればこうなる。

例えば、催眠術師が峯岸みなみの右手だけを動かなくさせる、という催眠術をかける時、まっっっっっっっっっっっっったく、かかってないんだけど、かかったテイで、かかったフリをして

「えーすごい!動かないです!」

「え~なんでなんで!?」

「怖い怖い怖い。。」

 

って盛大にやって、番組・企画を成立させる。

番組的には助かるのだろうそれで、プロデューサーやらディレクターやら制作陣から「番組にいてくれるとありがたいタレント1位だか2位だか」に選ばれたりもする。

 

しかしテレビをみている側からするとそーゆーところは「なんの得点にもなっていない」

つまり、別にそこは面白いポイントではないからだ。

ある意味ではそこは「古い要素」になる。

催眠術にかかるとかかからないとか、テレビを観ている人たちにとってはど~だっていい。

催眠術にかかったとかかかってないとか、を利用することで自ら色を付けて、さらなる面白を放り込んでこその、タレント、才能、ユーモア、お笑い、得てして「バラエティ担当」となる。

 

 

出川哲郎と比較するのは無意味だが、要は極端に説明するとそうなる。

 

峯岸は、空気を読んでいい感じの態(テイ)を演じることはできても、なかなか面白(色付け)を放り込むことができないでバラエティ担当として苦しんだ。

 

ダウンタウンなうでの発言。

 

 

 

フリートーク

 

 

島田紳助明石家さんま、アホの浜田、多くの天才異質の芸人らが口にする。

「キャラがどうした、ネタやなんや、やらんでも、フリートーク出来ればそれだけでエエねんけどなぁ…」

「まぁ、それがなかなか難しいってのもわかるから。キャラ作ったりネタ作って、ってやっていくしかないよなぁ~…」

※アイドル歌手やグラビアアイドルたちのバラエティ進出についてのさんまの言葉

 

 

峯岸はこの辺の変幻自在な多彩な言葉の交わしで躓(つまづ)いている。

  ・根が真面目で賢いから「バカを演じる」ことはできない。

  ・知的で知識が豊富だから「天然」にもなれない。

  ・礼儀正しく作法を心得ているから図々しく割って入れない

  ・実は気弱だから毒舌も向いてない

 

 

自分にカメラが向いた時は「よっしゃー!」ってできるんだけど、カメラを向かせる力がない。

別に彼女の容姿がどうとかではなくて、天性の面白さによる爆発力と対峙したとき、しょ~もない頭で考え抜いたアイディアなど、見向きもされない。相手にならない。太刀打ちできない。手も足も出ないで収録を終えるしか術がない。

 

ということに、彼女は昔から気付いてしまっていた。

 

ダウンタウンなうでも、心いためる無風の回となってしまっている…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで峯岸如きでこんな長なっとんねん。。。

 

過去のハゲヅラ掘り起こしてまで何語っとんねん。。

 

ここまで読んでるヤツは皆無だ!

 

とっとと終わりたいけどこのまま終わると「峯岸みなみはつまらない人、面白くない人」という印象を与えて終わってしまう。

それはよろしくない。

 

 

峯岸みなみは「面白い人」だ。

ユーモアを理解し笑いを愛し、ちゃんと空気も読める。

 

経験不足か?

と問われればそれはある。

道重さゆみはデビュー初期から口が達者ではあったけど、通用するお笑いのしゃべりに昇華できたのは明石家さんまと毎週ラジオで共演することで可能だった。

指原もそうだ。(むしろ初期の頃は峯岸の方が才能開花させて指原を上回っていた)その指原も、いいとも出演から一気に湧き出るテレビの出を利用して地雷やラインを見極められるようになり自分のスタイルを確立させていくことができた。

AKBINGO!開始から数年間は、指原のしゃべりはざんないし、寒くなって場が止まる、固まることも間々あった。それは道重もグループ違えど同じ現象をたびたび起こしていた。

経験積んで笑える「面白」に精度を高めた、ということだ。

 

峯岸みなみにもこういった連中らのように経験を積んで場慣れできる何らかのチャンスがあれば、それなりによりできるようになっていただろうことは疑う余地がない。

 

しかし現実は、そうはならなかったのだからそこは考えないとして

彼女の良さ、面白さとは、結局これがすべてを表してくれている。

 

 

 

 

峯岸みなみ渾身の解答。

チン繋がりで禿げ上がっただけあって秀でて面白い。

想像性、発想力を活かしてポンっと放り込む面白さ。

 

これが彼女の最大の武器となり魅力となる。

 

最初に絶賛したダンスだって、コレがなければアレはない。

しょ~もない、たいして面白くもない珍解答からあのダンスを披露したって、なんでもない。

コレがあっての、アレだ。

アレを繰り出すためには、コレが必要なのだ。

 

この「内P大喜利クイズ」こそ、峯岸みなみの最大の強みで勝負できる場となる。

 

 

結局彼女は社交的なように見えて実は内向的で内に篭る内気な子ゆえに、むしろフリートークでガシャガシャ割って入って、ってできるようなタマではない。

ダウンタウンなうでの彼女の様子がまさにそれで、峰岸の(ある意味で悪い)部分がふんだんに出ていた。

 

トークの華で中心が滝沢かれんになりすぎて話に入っていけずに取り残されほったらかされて

(ど~せあたしなんて、どーせいなくたっていいんでしょ。。。どーせどーせ、、、)

って、いじけて拗ねて、卑屈になって、食べるだけ食べて「食べに徹して」しまった。

 

ここが、元アイドリングで泉ピン子とド突き合ってる「菊地亜美」だったら、ガシガシ割って入っていく。

あたしもおんねんで~!

って。

 

しゃべらせて~~~~!って

 

 

しかし内に篭る悪い癖を爆発させた峯岸みなみは…

フリ待ち状態で籠り待って、いざ来た時に爪痕残そうと大袈裟にわぁ~ってやっても…、だ。

 

 

 

 

そんな彼女だからこそ、内P大喜利クイズが、そっちの方が向いている。

 

ハロプロは結構この手の大喜利クイズをあっちこっち身内向けにやってるんだけど、AKB勢はまぁやらないよね~

 

すっごい不思議…

 

だから峯岸みなみがAKBグループの中で「バラエティ担当」として活かされなかったのは、それのせいにしても良いし、その手の番組自体がほぼ無いひな壇芸が主流の時代でもあるから、それのせいにしても良い。

 

 

ウィキサっとみて血液型のBをチームBと勘違いしてしまったのは、言うまでもない。。