AKB48×ハロプロ 現代アイドル読解学

今をときめくアイドル達の輝きとそれらを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

【宇宙初!】AKB48世界選抜総選挙2018最終結果発表会~

 

『あとがき!』一覧

※SR = showroom裏生配信with柏木&山本彩、芸人ら

 

 

100.大家志津香・AKB

前回100位が村重だっけ~?もってんなぁ(笑)

SRで和賀が「掴みバッチリ!」って述べてたように、ナイスランクイン。しゃべりも短すぎず長すぎず笑いもあってエエ感じのナイススピーチ。貫禄感半端ない。

こーゆー人物、キャラクターが支えているからAKBグループって良い意味で面白い。ただ、SRインタビュー、松岡はなのスピーチと被って松岡の声かき消した時は「このブタがぁ!」と、誰もが大家に怒りを向けてしまった。。

99.石田千穂・STU

もっとしゃべれよ!

98.上西怜・NMB

まなぶくんやなんやで観ていたときにはお姉さんと比べて見劣りするな~なんて思ってしまっていたけど、こーゆー舞台で見るとやっぱり映えるねー。美のゲムノ継ぎ感。

「大チャンスをいただいたのに、ごめんなさい」

は、なかなか心にグッとくる。大惨敗を知った後に見ると、余計にくる。。

こんな幼気ない美少女になんてこと言わせてくれとんねんNMBヲタらってもんはまったく…。

それよりこの子で面白かったのはSRインタビュー。さすが大阪娘。カワイイだけじゃない、しっかりしゃべり上げる。ものすごい可愛らしいアイドル笑顔でキラキラ輝くスマイルで結構長めにしゃべって

「まだまだ上を目指して頑張りたいと思います。ありがとうございました。」

で、「はい次、さえぴー」

で、マイク隣に移した途端の、彼女の表情。

97.馬嘉伶(まちゃりん)・AKB

泣いた。

この子はホント総選挙的に花開かないね~今年のこれは「大事な」と言われる3回目だった。圏外よりかはマシ!の発想はよろしくない。彼女の表情からももっと高い位置に行けるだろうという期待・予感を抱いていたことがよく分かる。あずき(ファンたち)の気持ちを感じているからこそショックの度合いは小さいだろうけど気持ちは沈んでいたね…

彼女を悪く言う者、悪く思う者がない、それらを存在させないという彼女の心の美しさと礼儀正しい美し日本語のしゃべりと、文字と、笑顔。

これがダメって要はAKB48だからになってしまいかねないし、面白描きが可能なNMBとか熱血&バラエティを多く持つSKEだったらまた違った展開・結果になってたのかぁ…とどうしても思ってしまう。

96.栗原紗英

95.山田菜々美・チーム8…続きを読む 

泣いた。

順位的にはアカンかったね~。5度目でここか…それでいいのか?ヲタらは…

SR和賀が思わずこみあげて泣いたのと同じくヤバいねこの子は。

94.篠崎彩菜・AKB

ホクロの子!まだおっ…、、、ったと失礼。

「3年連続94位!」だって…指原と江籠ちゃんとで「3年連続C組」ユニット作って番組やったらエエやん。「3年連続○○な人!」をゲストに招いてトークを展開する番組。

93.水野愛理・SKE…詳しく読む

入ったね~AKB界の辻希美

入ってしまったねぇ。入りやがったねぇ(笑)

「SKE48の三等星」と呼ばれる水野愛理、末永桜花、北川愛乃の今後の戦いが楽しみです。

92.山内瑞葵・AKB

16期生で今年はこの子のみ。

十夢家の野望はどうした?

そーゆーふざけた遊びをして、傷つき悲しむのはアイドル達側なんだよだから。

91,山田野絵・NGT…続きを読む

泣いた。

いや~良かった良かった。

たかが91位とか元圏外とか、そうじゃなくって立派な数字のついた順位を獲得したのだから素晴らしい。山田のくせに高望みなんて欠片もしていないからこそこの順位であっても心地良く喜びを共感できる。

90.村瀬紗英・NMB詳しく読む!

泣いた。。

もういきなりショッキングなランクイン。NMBショックの始まり。

こっちの勝手な想像だけど、番組継いださえぴーだからこそ「りりぽんの呪い」とか言われてそう…

 

89.谷真理佳・SKE

88.大森美優・AKB

87.坂本愛玲菜

ぜんぜん知らない子だったけど、高望みしていないからこそ、心の底から嬉しい喜びが爆発していた子でめちゃめちゃ好印象に映ったスピーチと表情。

86.加藤夕夏・NMB

泣いた。

山本彩も泣いてしまっていたけど村瀬紗英がどうとかじゃなしにこの加藤夕夏って子はトゲのない柔らかで丸みのある心(傷つけることのない心)を持つ優しい女の子だからこそ、人の気持ちに寄り添って感じ考え共感してくれる女子だからこそ、今度は逆にこっちが彼女の心に寄り添って観る時、彼女のこの大幅ダウンはホント心痛む。

85.下野由貫・HKT

84.運上弘菜・HKT

83.豊永阿紀・HKT

HKTはホントまだ何も知らないのでコメントのしようがないのです。。

82.本田仁美

81.植木南央・HKT

おったね~こんなのも。

大麻のくだりで知って(道端に生えてる草花を撮って、ブログ?かなんかにあげたらそれがなんとまさかの大麻草?だったとかで話題になった子)で、ものすごい美人で印象に残ってた。

HKTについてはホントまだよく分からないんだけど「美人がめちゃめちゃ多い!」というのだけは、知ってる!!

あのー、AKBグループおよび現代アイドル界史上屈指の「美人」HKTのじーなって人も、まぁ見事にアカンかったね(笑)

もーもはや顔じゃねーんだよこの大会は、って実感したよ(汗)

SKEはブスばっか、ってどの口が言うのだ?

と…。

全グループでそうだろが、…と。

外から見ればランカー勢はブスばっかだけど、中身、内面世界をきちんと見てヲタらは評価しているんだぞ!の裏返しでもある。

みんながみんな一生懸命やってるのはそりゃそうなんだけど、(数字を得るか圏外かで)何で差が付いてるのかって、人を惹き付ける内から湧き出る滲み出る人たる魅力に欠けるか否か、見えたか否か、なところが大きいのかもしれない。

あの、じーなが、ダメって、ホント面白いAKBってものは。それでこれが彼女がAKB48のメンバーだったらまたわからないわけで…。

しょ~もない駄作曲のいち歌いの選抜を決める大会じゃなくて、「AKB48」のメンバー48人を選ぶ総選挙にしたらいい。その年の1年間の「AKB48’18」「AKB48’19」「AKB48’20」…毎年変わる48人。花の都の大奥の選ばれし華ぎたるか。地方の農村女か。

 

80.青木詩織・SKE

ゼロポジ生討論大会での追い込まれ具合ヤバかったから良かったなぁ(笑)という謎の喜びが湧いて出てきた。

この人に限らずSKEの女子らってものはどいつもこいつも(裏や真の姿は知らんけど表で魅せる姿というのは)「思い詰めちゃう系女子」で悲壮感が半端ないから怖いんだよね…もっと明るくやれよ、楽しくやれよ、視野を広く持てよってところ、この世の終わり、地球の最後みたいに思い詰めちゃってて、観ていて辛く、痛々しい。

2017年の総選挙前のゼロポジ生討論で話題になったが誰も答えを見出せなかった「SKE48に必要な『な に か』」の1つの答えがだからそれだろが、と。

79.城恵理子・NMB

78.岡田美紅・SKE

77.長谷川玲奈・NGT

76.日高優月・SKE

宮脇咲良のそっくりさん。

75.久保怜音(さとね)

74.瀧野由美子・STU

かつてのかとみな(76位)と2つ上だけど大差はないよねー…この辺りが逸材出現の定位置なのかもしれない?

73.秋吉優花

72.MUSIC!(バンコク

世界選抜なんだからSRに呼んだれよ!一番面白いところだろうここが。世界の伊豆田を活かせよ…めっちゃ綺麗なお姉さんになってて笑ったよね(汗)伊豆田のくせに

71.本村碧唯

70.山口真帆・NGT

69.小熊つぐみ・NGT…詳しく読む!

AKBの今夜はお泊りっ!に出ていたあの日の汚い顔した田舎者の小娘が、こんなに綺麗な美しい花となって咲き誇るとは、誰が思うねん?姉妹友達ガールフレンド他何でも、女子のこの成長遂げたる変貌感はスゲぇの一言に尽きる脱帽世界。

彼女のこの順位、謎の入れ込み感が何もないヲタさんたちの純粋な票のみ、という感じがして非常に心地良い順位。今の彼女に最もふさわしいベストな順位。穢れ無き順位。これは嬉しい!

68.高畑結希

67.高倉萌香・NGT

スピーチは笑顔でしっかり言えていたけどSRで、

「この順位」

と自分で言った時、意識されちゃってイメージ湧いちゃってついに泣いてしまったね…。やっぱり、ちゃんとしっかり「悔しい!」気持ちを抱ける強い女の子だったんだね。その悔しさを糧にしたガッツや根性、やる気や漲る気力を、今後魅せていけるかどうか。

この場限りで「あ~ぁ悔しかった」で終わってしまっては、彼女の場合は特によくない。落ちたことが悔しいんじゃなくて何もできなかったことが悔しいんだって。

66.松岡はな・HKT…読ませていただきますという気持ちを以って。

10位に予想していたけれど、そもそも荻野由佳のような大ワープは過去に例のない稀なケースなわけでそりゃ無理だよね。

この子は実際何位でもまるで問題ないんだけどもー、気色の悪い病みら憑きが鬱陶しいから変に落とせない邪魔臭さもある。

前回80位で15000票。今年は66位で21000票だから、恒例の順調な階段登りである。

SRインタビューの笑顔は嘘偽りのない本心そのものだったけど、発表された時のあの感じはやっぱり悔しさが先に出たのだろうか…高望みしてはいけない客観性が大事で彼女が魅せていくべきは総選挙ショーの順位合戦ではなくて須藤凜々花、その他幾人かの才能持ちや逸材たちがやって魅せたように「表現すること」が先に来ればよいのだから、順位なんて後から付いて来るでいいのだから、それを疎かにしてはいけない。この順位でも、彼女の向いてる方向がブレずに正しい方向を向いているのであれば、作り手・黒幕たちは松岡はなを推すことをやめないだろう。

SRのインタビューで面白かったのが、隣にいた子「運上さん?(絶妙のいじめられっ子顔)」のことを小突いたり(促して)押したり(早く行きなよ的な)運上さんがドンピシャリでどんくさいエエキャラだったから松岡はなが「ソフトSないじめっ子」に映っていてちょっと興奮してしまった。あの笑顔でその路線の組み合わせもありかもしれない・・・裏を返せばHKT48に(指原卒業後に)不在とされる「指揮官的要素・可能性」でもある。

65.後藤萌咲(もえ)・AKB

 

64.中村歩加・NGT

ふむふむなるほどー…この人ではなくて菅原りこでなくて、奈良ちゃんだったのかぁという感情のねじれはあるものの、多くの予想通りギター侍あゆ太郎はしっかりと入り込んできた。AKB的総選挙の傾向と対策にピッタリ当てはまるその一点でのみの逸材であり、多分今後余裕で上位に入っていくんだろうなぁと思われるものの、NGTは確かに謎の入れ込み方があるから過信はできない。

彼女の魅力はよく理解できるけど、スピーチめちゃめちゃ下手くそだった!!笑ってしまうくらいダメダメだった。。

そのダメな感じがいいんだよね~ではヲタ限定で終わるだけで広く通用するしゃべりを手に入れる必要がある。にいがったフレンドを観ていてもそれはすごく感じる。

showroomのくだりなんて何の評価にもならないし何の才能でもないんだと彼女自身が気付いて外へ意識を向けれるかどうか。

ショールームガー、ショールームガー」言ってないでそんなものはステップアップの「いち道具」でしかないんだよwwwと彼女がそれを蔑み笑って捨てて、今年から新たな活動に臨めるかどうか。新たな活動(魅せ方)を追加できるかどうか。

showroomに愛着もっちゃってひきこもるようなら所詮はそれまでの子でしかない。

63.田中菜津美・HKT

呼ばれた時の表情、そりゃ悔しいよね…。この子がずっっっっっっっっっっとくすぶり続けているのはホントにもったいないことであり、HKTヲタらの恥でもある。HKTの無様の象徴でもあり、HKTというグループが伸び悩んで手も足も出ない現状を如実に表してくれている。ポスト指原として育て上げるべきはこの子だったんだよね…もう遅すぎるけど。

そうでもないのか…まだ17歳って汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗

62.太田奈緒

61.駒田京伽

60.小田えりな

59.鎌田菜月・SKE

58.岡部麟

57.渋谷凪咲・NMB詳しく読め!

アイドル界きってのボケ製造マッシーン!

誰も彼女の右に出る者はいない、天才的なボケを繰り出せるAKBグループの中でもトップをひた走る。

かつては小嶋陽菜が天才と称されていたけど渋谷凪咲の台頭によって小嶋の印象が霞んでしまった。渋谷もまた、否定のしようがない本物だ。

56.一色嶺菜・SKE

 

55.松岡菜摘・HKT

54.内木志・・NMB

ここちゃんここで炸裂!

りりぽんの意志を継ぐ者。

速報前の段階ですでに「りりぽん砲がここちゃんを支援砲撃するぞ!」と言われていた通り、その通り見事に炸裂していて笑ってしまったし、感動もした。りりぽんのヲタらが彼女に託してしっかりと投じた証でもある。

推しメン卒業したしー、さや姉出ないしー、みるきーいないしー、ハイハイ終わり終わり。そーせんきょ、くだらね

で、終わらせるのではなくて、次へと繋ぐ、推しメンの意志を伝え繋ぐナイス繋ぎ!

あとはこの一回の自己満足で終わるのではなくて継続していけるかどうか。特に学ぶことも多かったろうNMBヲタは、今年の大惨敗で。

53.太野彩香・NGT

52.込山榛香・AKB

傾向と対策のダメな側でピッタリ当てはまる典型の子。

芯に秘めたる部分よりも、表に見える醸し出される雰囲気で嫌われてしまう典型。

ダンスの先生で公演企画者にチッと舌打ちしたくだりを見て、聞いて、「こみはるイイネ!」って思う人間はヲタのみならず世間一般のレベルでも誰もいやしないのだよ。

そーゆー強さや、心強さ、ある種作り手たちにも屈しない強さは絶対に必要でもある一方で、(各グループ・チームでいい公演を作るために作り手たちと、アイドル達が激論交わしてやりあってる部分は多々あるその中で)、彼女のそれらはまるで方向性が違う「ただの性格悪い女」にしか映らないという残念な、ある意味で運の悪い間の悪い典型だ。

実はいいヤツ、をかき消してしまうんだよね。カウンター的に「いいヤツ」が醸し出てくるんじゃなくて、結果「性格悪いヤツ」しか残らない。

一生懸命取り組んでやる、なんてことはみんながみんな当たり前のようにやってるわけで、彼女のその性格が、アイドルというジャンル上足を引っ張ってしまっている。

中井りかは特殊だったけど今年の落ち具合からしてやっぱり、AKB的、というよりはアイドル的にこの手のキャラは、一部のコアなファンの獲得はあっても広く愛され好かれるキャラクターには成り得ない。いまだにいるのかどうかすら謎の茂木ちゃんがまるで出番なく相手にされないのは、アイドルオタクの好き嫌いではなくて、人として、人間として基本中の基本の有無でしかないのと同じ。

込山榛香の唯一のチャンスはリーダーになったことで大きく「チェンジ」できるかどうか。

51.竹内彩姫・SKE

50.小田彩加

かとみなにそっくり…

49.倉野尾成美・チーム8

SRの特に柏木姐さんのリアクションを見るだけでも、ヲタだけじゃなくメンバー(先輩)なんかも彼女に期待していたのだなぁ~とよく分かる。

「この位置ではないだろー…」

とはもちろん言わないけど。

だからこれは真面目な話、なんで彼女が総選挙だけじゃない、すべての活動通してくすぶり続ける位置で花開かずに不遇の待遇で籠り続けているかって「ほっぺのほくろ☆」のせいなんだよね…。女性にとってホクロはバシィっと決まるとそれはそれは魅力的なアクセサリーと化して美しく綺麗に、時には愛らしく映え映す魔性の力を持つ魔法のアクセサリーとなる一方で、位置や形や大きさがよろしくない時、それはただのマイナスにしかならない。十夢家の野望がいい例だ。

マリリンモンローは何者やねん?とも通じている。

倉野尾のそれは

「その位置ではないだろう…」

と。

直前で選抜の遊びに入っておきながらにしてこの落とし方はいよいよ「その位置じゃないよな…」ってことだよだから。

 

48.朝長美桜・HKT

47.坂口渚紗・チーム8

46.熊崎春香・SKE…彼女の策を学びたい?

45.末永桜花・SKE

44.佐々木ゆかり・AKB

43.西村菜那子・NGT

AKB的総選挙の傾向と対策の究極の例題文みたいな、ここまでわかりやすい例題はないだろってくらいの人。

美しい心(神美心)については以前の「にいがったフレンド!」のくだりで書いた通り。真面目にしっかり取り組むだけではない「超スーパーロングな引き観」を持っている子。つまりどういうことかって、自分がどうとか自分の位置だけを考えているのではなく、メンバー、作り手、全体を客観的に引きで観て、魅せていけるように思考し、考察し、ただ考えるのではなくてそこへ介入し(主にメンバー)、実践していこうと試みる努力をしている子。なんか偏屈な書き方になってしまったけどカンタン言えば「二代目総監督の横山由依」とか、岡田奈々とか、彼女たちと同じ属性の女子。またその二人よりもさらに上行く「賢さ」と、「達者なしゃべり」と、「笑い」に向いているのでこれは大きなプラスのポイントとなる。未来的に4代目5代目総監督やっててもおかしくないくらいの総まとめ型のキャプテン向き逸材。

だからあんまり言いたくはないけど体型の維持をミスらないでほしい…

42.内山命・SKE

泣いた。本日初の号泣。

これはSKE関係なく(彼女のことを知っている者であれば)誰でも泣くでしょうこんなもの。

これこそAKBというグループの魅力、面白さなんだ!って。炸裂したね。会場のどよめきも涙を加速させるよね~。

たぶん、たぶん、地球上で彼女たちと、オタクらでしかできないことをやってのけた傑作名場面。

所詮は彼女とヲタ間の自己満足でしかない、この順位になってじゃあ彼女の今後に何が変わるのかって何も変わらないし何が起きるのかって何も起こらない。ヲタらにも言える。未来人たちがみた時、なんでこんなものがアイドルって、と嘲笑うかもしれないしこんなものを支持したヲタらキモいと蔑まれる、かもしれない。

でもそこじゃないんだよ、って。

後先関係なしに、今この瞬間のこれを観たかったんだって。内山命のこのこれを観たかった、何よりも彼女に見させてあげたかった。

女性の結婚(式)だって、綺麗に着飾ってお金かけて盛大にやって、それでそれがエエ嫁、素晴らしき妻になるのかって、ならねーよっ!!

と、似てるところがある。汗

こーゆーのが稀にポロっと落ち出る仕組みを備えているのがAKBって自称アイドルたちとそれにすがるオタクらだけが持つ魔法。

だからあとは彼女で面白いのが、「なんで内山命であって、斉藤真木子ではなかったのか?」ってここを読み解く面白さが残された。

41.川本紗矢・AKB

40.渕上舞

39.チャープランちゃん(バンコク

38.大西桃香

37.中井りか・NGT

個人的には残念でもありSR内のメンツらも「えっ!?」だった。

ただ、倉野尾的な「残念な気持ち」や「ガッカリ」とは違う「え…」だったことは確か。

病的ヲタらの歓喜の声ももちろん聴いた。人の不幸を糧に生きるまともじゃない生き物ゆえにそれはそれでよい。

さて…

これでハッキリしたことは、なんでAKBグループに魅かれるオタクらは、AKBのアイドルたちなんだろう?

女子と触れ合いたいならJKとお散歩すればいいし売春婦に慰めてもらえばいい。

アダルト業界の女性陣ですら顔のいい子を集めて「アイドル的活動」をして歌い踊って握手会のみならずにハグ会したり盛大にやっている。

 

もっと一般的な真に国民的アイドルが実在してるし、自分を見てほしいニッチ感なら地下へ行けばよい。

でもそーゆーことじゃない。

なんでAKBヲタがAKBのアイドルたちなのかって、「メロディー」「音」と共にあるアイドルである必要があるからだ。「メロディー」「音」がちゃんと感じられるアイドルでなきゃダメなのだ。ちゃんとした「メロディー」「音」を持つアイドルでなきゃダメなんだよね。

その「メロディー」「音」は何かってそのメンバー自身が発している背景、景色、世界観から感じられる彼女だけが持つオリジナルな「メロディー」AKBのやり方だから見えてくる、メンバー一人一人が発する個々の「メロディー」。「メロディーを持つアイドル」だから、AKBのアイドルでなきゃならないのだ。触りたいからじゃない。

だからこそ、音楽に携わる「アイドル歌手」というものを、メンバー自身が捨て、忘れた時、ヲタは見限る。

だからなるほど、前年23位の中井りかは「時計の唄」でセンターを務めて「メロディー」「音」を獲得していた。

だからそうか、作り手は、中井りかの「失ったメロディー」を取り戻し、呼び起こし、ファンたちに魅せ付けるために、1月?2月?今年、中井りかのソロライブを披露させた。やらせた。

でも結局中井りかは気付けなかった。取り戻さなかった。

違う方向に走ることでどんどん「メロディー」「音」を失っていった。

メロディーを失えば失うほどファンをも失い、新たに魅き寄せる魔法も失った。

その結果がしっかりと出た。

「showroomの重課金のせいで…」

はなかなか鋭くて良かった。

なるほどね!って。

36.加藤玲奈・AKB

被弾のれなっち、今年の運勢AKBINGO!でどうだったかね?

35.江籠裕奈・SKE

泣いた。

 

34.小畑由奈・SKE

奈ばっかやなぁ…

33.谷口めぐ・AKB

泣いた。

シンデレラの階段登りを観たような気がした。

プロレスがマイナスにならずに評価となってきちんとプラスとなった点も込みで嬉しい33位。そしてセンター。

しかしダラダラ長いスピーチは興冷めになるからダメね。。

この子は、心でしゃべれるタイプ、なんだけど、頭でもしゃべりたいことが入り込んできてしまって、心と頭が入り混じってしまってダラダラダラダラしてしまうタイプ。

 

1人の女の子の夢を、こんなに必至に応援してくださるファンの皆さんは、私の誇りです。

NMBのヲタは谷口めぐのこの言葉を心にしっかり刻む必要がある。彼らは根本を間違っているからして。

 

 

32.峯岸みなみ・AKB 

31.福岡聖菜・AKB

30.加藤美南・NGT

 

 

外見について言いたくはないけどしかもこんなめでたいシーンで言いたくないがケバり具合がエグいよこの人(笑)

ここまで30位まで見てきてなんやねんそのみてくれは?

と…。

そんな目立ち方はいらんねん、と。

高い順位になることは予想できてたのだから用意周到に備えろよ、…と。

「世界選抜」言うて謳ってやってるのにそんな見てくれではAKBを知る者は

「いずりな綺麗になったなぁ…」

「いずりなバンコク行って若返ったな(汗)」

ってなっちゃうし、一般視聴者は

「なんやコイツ?」

「どこの国のもんだ?」

となってしまってマイナスでしかない。

それでまた皮肉にも彼女のスピーチ中のSRインタビューはチーム8の美少女「坂口渚紗」に直撃するし余計際立ってしまったよね…。  

29.菅原麻耶・SKE

これは嬉しい!

そして楽し気!

これはいいね。

 

 

28.荒井由紀・SKE

27.北川綾巴・SKE

ドMの豚に与えるアメとムチの、アメとなった。たまにはくれてやる。

26.田島芽瑠・HKT

徳光さんグループ名間違っちゃって「めるちゃんごめんなさい」ににじみ出る徳さんの人柄。

言って当たり前、言えて当然ではない「ごめんなさい」やねんで。。。

25.小栗結以・チーム8

24.西潟茉里奈・NGT 

23.太田夢莉・NMB

発表のところは泣かなかったけど

泣いた。

呼ばれた後の、運動神経ない分際がササっと走って位置へ向かう彼女の姿を見て

泣いた。

悔しく悲しくて、もっと吉田先輩とハグしていたいけど、行かなくちゃいけない。

迷惑かけてはいけない、その急ぎ足。

日本人女性だけがこの地球上で持っていると言われる「厳かにへりくだって他者を思いやる」美しい心持ちが垣間見れた。

それはそうと、NMB関連の「しっかりと、ちゃんとした」議論を以って交わす綺麗なコメントで埋め尽くされるとあるまとめサイトいくつかをみるに、「NMB的に太田夢莉の23位は大勝利!」という意見が多かったように思う。自分もそう。りりぽん砲が彼女に来ることがNMBの未来的には望ましかったけれど、りりぽん砲で16位以内にねじ込むことが今思えば必要だったけれども、既に「ここちゃん」にいくことが知られていたから太田夢莉は前年の須藤凜々花を自力で超えるか否かでこの辺り(20位前後)にランクインするだろうと、予想していた。するといいな、出来るといいなという希望を込めて。

それと合わせてだから「ピアスがどうだ」「茶髪がどうだ」「対応がどうだ」「須藤と遊んでどーしたこーした」とごちゃごちゃ喚く病みら憑きのご意見・ご感想がいかにくだらない、無意味でしょ~もない嘘であるかを証明してくれもした。それは彼女と、彼女を純粋に応援しているファン、ヲタと、広くNMB48というグループを心から愛する箱推しヲタさんたちの力で証明してくれたのだ。彼女たち、彼らが向くべきはネット上ではない。ネット上には心あるファンなどいないのだよ。

22.岩立沙穂・AKB

21.奈良美遥・NGT  

20.白間美瑠・NMB

本日二度目の号泣。

こんなもの、誰でも泣くでしょう… 

 

19.小嶋真子・AKB 

18.高柳明音・SKE

 SR内のガッカリ感。

 

 

それはそうとスピーチ下手だったねー…説明会じゃなくて、心の声、素直な心の気持ちを声という魔法を使って表へ出すことが大切なんだよね。

典型的な頭でしゃべっちゃうタイプの人。面白くない人、ユーモアの繰り出しができない人の典型。次の松村香織と比較してみても面白い素材。

17.松村香織・SKE

泣いた。

松村にじゃなくて、だーすーの泣き顔につられて泣いてしまったよ。須田のくせに…

16位に入ってブチ壊してほしかったね(笑)惜しかったーー。。。

 

 

「あっという間にコメント終わらせたゆきりんって凄いんだね。」

「えっ!?(笑)」

『あははははは』

「テレビ見てる視聴者が1位が誰かわからないで終わるって、一番やっちゃダメじゃないですか(笑)3位がまゆゆ、2位が私(柏木)で前後で待ってて、これはヤバい、まかないと1位入らなくなる!(ってまゆゆと話して)まこう!」 

 

 

16.本間日向・NGT 

15.古畑奈和

14.吉田朱里

13.向井地美音

12.高橋朱里

11.惣田紗莉渚

10.田中美久

9.矢吹奈子

8.大場美奈

7.武藤十夢

6.横山由依

5.岡田奈々

4.荻野由佳

3.宮脇咲良

2.須田亜香里

1.松井珠理奈

真の勝者.???

  

感想

 

字数制限。。。。。。。。。。。。。。。。