AKB48現代アイドル読解学

AKBアイドル勢の輝きと彼女たちを取り巻くヲタらの生態を研究・観察していきま~す。

アクロバットガールだけでは終われない!加藤美南(かとみな)の存在感と魅力は、AKBグループ内で唯一無二の価値だと知れ!!

 

       f:id:AKB48beginner:20180205213947j:plain

 

いやはや…

 

前回の第一弾の段階ではまとまっていなかったので逃げに転じた第二弾なのはもうバレていることだろう…

NGTなだけにバレルのもまた悪くはない…か。

 

 

っと失礼

 

バレるか;

 

 

それはそうと前回、自分が抱いた「かとみなの第一印象」をお寒い少年漫画でこう例えた

ドラゴンボール孫悟空

 

と…。

 

すると(普段少ないからこそ)結構多めのお便りが届いた…

 

「悟空っていうより、アラレちゃんじゃね?」

 

 

アラレちゃんの方が結構年上やねん。。

まだ自分、生まれてないねん。。

 

 

でもなるほどなるほど…

 

アラレちゃんのてってけてってけトットトットコ無邪気に走るあの感じと、かとみなのにいがったフレンド!で魅せたあの感じ、似てる?

 

 

 

いやだ・か・ら!

 

自分が抱いた最初のその印象(孫悟空)はまるで違ったって、話をしてるのに

「アラレちゃんじゃね?」

 

じゃっ、ねーよ!

 

アラレちゃんでもねーよ。。アホか

 

 

 

ハイ。

このだべり感を放り込んだということは、今回もまたたいした内容は無く「かとみなの魅力は第三弾に続くんだろうな…」って思ったあなたは、賢い!

 

 

結局、自分がかとみなに対して抱いた「アイドル歌手として魅せられた感動」は、洗脳されたからなのかどうか?を見極める必要があった。

 

自分は「熱しやすく冷めやすいタイプ」なので、それを利用して「かとみな、、、ねぇ…」って飽きることを利用して、もう一度彼女の「ヘビーローテーション」他、劇場公演でのパフォーマンスを観る必要があった。

 

それでやっと真に理解できた。

加藤美南のパフォーマンスは紛れもなく歴代AKBの中で群を抜いてトップクラスである、と。

 

やっぱりいつみても冷めても飽きても、観れる!

 

 

何がどう、良いのか?

 

それはもう劇場公演他なんでも、AKBグループの歌ステージを誰でも何でもいいから適当にピックアップして見比べてみれば一目瞭然。

(アイドルオタクとか、洗脳されていない限りは)加藤美南のパフォーマンスは別格の輝きを放っていることに、容易に気付ける。

 

と言っても、「ど~せお前の主観」オチにされ兼ねないのでいくつか挙げると

  ・恥辱の口パクを凌駕している

  ・顔で踊っていない

  ・演じではなく、自然体でアイドルをやっているとこ

 

 

歌番組でもいいけど特に顕著なのは「劇場公演」の類だろう。

他の連中らは、どうしたって「恥ずかし気」「嘘っぽさ」「演じ切れていないうさん臭さ」をふんだんに漂わせているので、観ているこっちが恥ずかしくなる(気恥ずかしい、平安古典で言うところの「はずかし、かたはらいたし」)。

 

彼女たちが漂わせているその「恥ずかしさ」とは何なのか?というと、歌手と一体になれていない「嘘っぽさ」であり、歌っていないからこそ「演技に値してしまう」し、そしてその演技が「だいこん」だから、そこから発せられるだいこん芝居を「観ていて寒い、恥ずかしい」と感じてしまう現象。

 

 

「歌が下手」とさんざん言われてきたハロプロでは、この感覚はまず感じられない。

それはなぜかと言うと彼女たちは生歌できちんと「歌っている」から。

「ヘッタやな~;;;」

っていう、音痴を聴くことでの「小っ恥ずかしい」とか「寒い」とか「聴き心地の悪さ」はあっても、AKBのパフォーマンスを観て感じる「観ていて寒い、恥ずかしい」現象とは、大きく異なる。

 

だからハロプロ勢は、歌唱がバチコォォォンンン!!って決まると、素晴らしいパフォーマンスとして観ることができるステージになる。

ハロプロ勢は生歌でちゃんと歌っているからそれは「演技ではなくって歌唱によるパフォーマンス」であって、AKBは「演じ」を脱し得ない素人芝居に成り下がる。

 

だから「歌唱がバチコォォォンン!って決まる」ことによってAKBのパフォーマンスが映えるとか魅力的に映るとか、そーゆーことはあり得ないし、生歌でやったらやったで世界各地から「なんだあれは!」「石投げられるレベルだぞ!」って、非難されるしか術がない。

 

 

さて…

 

ここまで語れば間接的に理解もできよう?

加藤美南のパフォーマンスは、「だいこん」ではない。

だから観ていて恥ずかしくならない。

もっと言うと、彼女のパフォーマンスは「演技、芝居の類」ではない。

確かに口パクでやってはいるものの、もはや一体感を通り越した超自然体でアイドルをやっている唯一のメンバーである。

 

この言葉を発見するために空けた、第二弾だったということだ…

 

 

極端な話、例えば

マイケルジャクソンの伝説を描く超大作の映画を作ろう!

となった時、もちろんマイケルジャクソンの役は、マイケル自身ではなく役者をおく。

でもそれは役者であって、マイケル本人ではない。

演じているだけであって、マイケルには成り得ない。

その演技が下手であれば寒いし観ていて恥ずかしくもなろう。

どんなに上手くても「嘘っぽさ」「うさん臭さ」を感じてしまうものだ。

 

じゃあそれを、「マイケル自身」がやったらどうだろう?

演技とか関係なくって、それがマイケルジャクソンなのだから、やることなすことマイケル以外のなにものでもない。

演技でも何でもないから「観ていて恥ずかしくなる」こともなければ寒くなることもない。

上手いとか下手とか関係なく、ウソっぽいとか胡散臭いとか変な邪念フィルターは何もなしで、心から存分に観ることができる。

 

極端な話、カンタンに言うとそーゆーことになる。

かとみなは演じてアイドルと一体になっているのではなくて、アイドルのパフォーマンスというものを自然体でできている。

歩くときに右手を前に出せば左足が前へ出る。左手なら右足。無意識のレベルでできる超自然体な動き。

ぎこちなさなどみじんもない。

 

 

かとみな = アイドル

であり

アイドル = かとみな

である。

 

もちろん、アイドルと一口に言っても色々なパターンがあるからして、まゆゆのような「正統派」とか、中井りかのような「小悪魔チックな路線」とか秋元才加のような「ファイティーン!」とか。

それで言うところの加藤美南は「明るい笑顔とパフォーマンスで観る者に元気を与える〇〇〇だ!」

 

〇〇〇の部分は読み手各自で当てはめれば良い。

足りない脳みそをフル回転させて探してください。

与えられるばかりでなく、たまには自ら産み出してみるのも良いことだ。

 

 

彼女からは「芝居じみた嘘くささ」をまるで感じない。

一体となる(寄せる)とか、アイドルっぽいとか、上手く演じるとかフリをしてるとかそーゆー次元じゃなくってアイドルそのもの。

マイケルジャクソンに「マイケルジャクソンっぽいな~」っていうバカはどこにもいない。

 

 

 

それと重要なことは、AKBの人気やセンター配置は、握手人気による一択世界なので、加藤美南が今後センターに返り咲くことは、まずない。

もしセンターに返り咲いたのではあればそれは、気色の悪いオッサンどもらに媚びて握手を頑張って手に入れたに過ぎない。実力でも何でもない、手のひらに踊らされたただの性的センターでしかない。

 

ハロプロと違って 実力 ≠ センター、人気、推される 

ではない点がAKBの良くも悪くも特徴的なシステムなのだ。

 

何度も繰り返したくはないがAKBのセンター配置は基本「握手人気一択」なので、そのルールに則って総選挙で順位が低すぎる加藤美南がセンターから外されるのは仕方がないことでありAKBあるあるでしかない。そんな埋もれていった連中は過去に山といるだろう。

 

それと合わせてAKBヲタの質の悪さ(握手対応の良し悪しでアイドルというものを評価する傾向)、目利きのいなさ加減も有名だからこれらの相乗効果でかとみなは端へ端へ追いやられるしか術がない。

※もちろんすべてを他人のせいにできるのではなくて、「自己プロデュース」で魅せて加藤美南の物語をどういう風に演出するか、展開するかは彼女自身に託されている。

選挙の順位が悪くてセンターから外れた物語にしてしまったのは、彼女自身であるという見方がAKBを楽しむ視点では正解となる。

※※NGT48は加藤美南だけではなくてたくさんのアイドルと彼女たちを応援しているヲタらがいる。そのAKBの世界観(ルール)でやっているのだから、かとみながどんなに優れて素晴らしいからって一点集中して彼らや彼女たちを無碍にすることはできない。中井りかが人気を得ているならそちらへ、荻野由佳がそうなら荻野へ。アイドルと彼女たちを応援するヲタらがきちんと報われてしかるべきで、あの順位でありながら加藤美南がセンターに居座ることはできやしない。

 

 

 

加藤美南の魅力で、非常に大切なことは

握手人気とはまだ無縁の、NGT48が出来たての時、「打倒AKB48を目指そう!」と産声を上げて誕生したばかりの最初期の段階で、「NGT48のセンターはこの子だぁぁ!!!」って、加藤美南がセンターに選ばれた事実に意味がある。

 

なぜそこが、加藤美南だったのか?

なぜそこは、加藤美南でなければならなかったのか?

 

彼女自身がそこの意味に気付き、彼女自身がそれにプライドを持ち、そこを忘れずに今後の「かとみな物語」を作り上げていってほしいものだ。

 

 

 

都合のいい時だけ汚物保管庫を頼るのは最低の行為だが今回ばかりは仕方がない…

 

 

劇場公演に行ってその目で確かめれば、一目瞭然の輝きを目の当たりにできる。

 

    f:id:AKB48beginner:20180206143311j:plain